防犯セキュリティ、無線呼び出しシステム、接点監視装置、警報機、パトランプ、設備監視システムQ&A。商品比較と口コミ情報、評判

防犯セキュリティグッズ、ホームセキュリティ、防犯カメラ、パトランプ、警備、設備監視、自動通報器、特定小電力無線送信機、微弱無線送信機、無線警報機、工場での一人作業時の安全対策システム、通報機、警報機など安全対策商品の解説、商品の技術、口コミ情報。日本製の商品、システムに絞っています。無線呼び出しシステム、コールシステムのご紹介。ソーラー電源、太陽光電源の警報機、回転灯システム。評判。

非常ボタン

停電中に非常ボタンが押された時でも警報を発することは出来ませんか?

停電中に不審者が店舗へ侵入されたときが心配です。
停電中でもブザーランプ付き警報機を作動させる事は出来ますか?

(ご質問への回答)

バックアップ用電源(専用の小型バッテリ)を警報機に追加で組み込むと、短時間ですが停電中にアラームを発することは可能です。
専用の小型バッテリは警報機の中に埋め込みます。バッテリの価格はお問い合わせください。


停電中に無線非常ボタンが押された時でも警報機はアラームを発することは出来ませんか?

サウナ室内に事務所へ緊急連絡する非常ボタン設置を考えています。

通常の押しボタン付無線送信機から押しボタンを独立させた、押しボタン式無線連絡システムで検討をさせていただきました。
高温多湿のサウナ内に有線方式の押しボタンボックス、
電源の必要な無線システム一式は作業室の外の外壁に設置する方式となります。




サウナ内の押しボタンが押されると、サウナ室の外に設置された無線送信機から電波が発信されます。
事務室内の無線受信機は、サウナから発信された電波を受信すると、回転灯やブザーを作動させてサウナ室内の押しボタンが押されたことを周囲に知らせます。


サウナ室内に事務所へ緊急連絡する非常ボタン設置を考えています。おすすめの安全システムを教えてください。


LTE回線を使った押しボタン式緊急連絡装置を探しています。

非常押しボタンを取り付ける発報元の建物が、管理室から500m以上離れた場所にあり、有線で設置が不可能の場所になります。LTE回線を利用した呼出し装置などございますでしょうか。
ご確認ください。よろしくお願いいたします。


------------------

以下の自動通報装置を使って検討をさせていただきました。

接点信号監視用ショートメール自動通報装置4G

接点信号監視用ショートメール自動通報装置4Gの信号入力端子台に、独立した押しボタンボックスを信号ケーブルで接続します。

屋外の建物外壁に接点信号監視用ショートメール自動通報装置4Gの本体を固定し、
押しボタンボックスを有線ケーブルで室内に引き込みます。

室内の押しボタンボックスの押しボタンが押されると、NTTドコモのLTE回線を使って、予め指定された電話番号へショートメールや音声アナウンスを使って緊急自動通報を行います。

以下 イメージ図
LTE回線を使った押しボタン式緊急連絡装置


接点信号監視用ショートメール自動通報装置4G
電源ACアダプター 防雨ケース収納
※ACアダプターは防雨ケースに入れるなどして設置してください。
熱や湿気を避けるためにサウナ室の外壁に設置します。


管理室から500m離れた建物に導入できるLTE回線を使った押しボタン式緊急連絡装置を探しています。

新型外部通報型押しボタン緊急通報装置の大まかな導入手順

大まかな商品の設定手順、作業は簡単です。
1.警報機とケーブルで接続する前に自動電話通報装置に緊急通報先の電話番号を登録します。
2.警報機と自動電話通報装置を付属のリード線(信号線)で繋ぎます。 
3.自動電話通報装置とご家庭や事務所内の固定電話回線をモジュラーケーブルで接続します。
4.警報機と自動電話通報装置のACアダプターをコンセントに差し込みます。
5.無線押しボタンを押すことで警報機のブザーとランプが作動し、同時に緊急通報先の電話番号に実際に電話がかかってくるかどうかを確認します。


新型外部通報型押しボタン緊急通報装置(固定電話回線を使った緊急通報装置)
住宅、事務所、店舗などに設置したワイヤレスの非常通報押しボタンを押すと警報機が100デシベルのブザーを鳴らしながら登録された電話番号(固定電話、携帯電話、スマートホンなど3カ所まで)へ自動的に緊急事態発生を告げる音声アナウンスを流します。

携帯式ジャイロセンサー電波発信器の電池切れ警報機能

電池残量が減ってくると、携帯発信器の表示灯約5秒間に1回の点灯を繰り返すようになります。
同時に警報音も小さくなります。
その場合は早めに電池を交換してください。


携帯式ジャイロセンサー装着一人作業緊急無線連絡装置
高性能ジャイロセンサー(傾斜センサー)の小型携帯発信器は作業員が倒れて動きがなくなったとき、
もしくは、携帯発信器の押しボタンを長押しした時に、緊急事態発生と判断して約100mほど離れた場所の警報表示盤まで緊急自動通報を行います。
利用エリアを広げる中継機もご利用いただけます。

無線式異常点滅ボタンシステム(簡易型)の導入方法

以下のようなおおまかな流れとなります。

1.設置をご希望の位置に、無線式フラッシュブザーもしくはフラッシュランプ、専用の無線押しボタンをご希望の位置に置きます。
2.無線式フラッシュブザーもしくはフラッシュランプの電源プラグを近くのコンセントに差し込みます。
無線式フラッシュブザーもしくはフラッシュランプは横倒しではなく、壁付けのように立てかけて置いてください。
3.無線押しボタンを押します。無線式フラッシュブザーもしくはフラッシュランプが作動するかを確認してください。
  押しボタン〜無線式フラッシュブザーもしくはフラッシュランプまでの電波の届き具合のチエック。
  押しボタンを元に戻すと無線式フラッシュブザーもしくはフラッシュランプは停止します。
5.正常にオンオフ動作が作動するのを確認できたら、
無線押しボタン、無線式フラッシュブザーもしくはフラッシュランプをネジ等で壁面などにしっかり固定してください。
以上で完了です。


無線式異常点滅緊急押しボタン警報システム(簡易型)
無線通報機能付き非常押しボタンやネックレス型非常ボタンを押すと10〜15m離れた場所の警報ブザーやランプが作動して周囲に異常を報せます。お店や事業所、学校や保育園、各種相談室などでもご利用いただけます。

500〜600メートル先に届く無線式遠隔通報型非常ボタンを探しています。

500〜600メートル先に飛ばせる無線式遠隔通報型非常ボタンを探しています。
貴社でラインアップされていないでしょうか?

-------------------------------------------------


商品といたしまして以下のシステムになるかと存じます。

1.
特定小電力無線警報押しボタンシステム(遠隔無線通報型非常ボタンシステム)


ただ、通信可能距離は、
送信機と受信機の間で他の建物や壁が途中に挟まないなど、
環境のより状態で最大で300mほどですので、
中継機は1台か2台必要になると思います。



無線システムを使わずに電話回線を使うシステムですと以下のような製品がございます。

2.
簡易型外部通報型非常ボタンシステム(固定電話回線を使った自動通報シス
テム)


3.
緊急押しボタンメール自動通報装置(ドコモ回線を使ったシステム)

3階建ての工場の緊急時の対策を考えています。

お伺いいたします、
当方3階建ての工場を有しており、
夜間等1人で作業する事が有り緊急時の対策として
御社HPを拝見させていただきました。

1.3階建ての工場で各階での作業がある
2.パトライト orブザーを2箇所設置
3.子機は3台

○○○

ご要望を拝見させていただきました。

3階建ての工場との事ですが、
建物構造としましては鉄筋コンクリート造り、もしくは鉄骨造りでしょうか?
堅牢な建物内で、かつ階差のある運用となりますと
送信機から受信機までの電波の通信距離が極端に短くなる事がございます。

その場合、吹き抜け部分の階段室や廊下などに
中継機を配置すると電波が遠くまで届くようになります。

無線式遠隔通報型非常ボタンシステム(特定小電力無線)

公園のトイレの防犯ベルの件で質問がありメールさせていただきました。

トイレの防犯ベルの件で質問がありメールさせていただきました。
トイレから450m先の管理棟へ電波を飛ばして異常を知らせる
方法がありましたら教えていただきたいです。


今回は以下のシステムにて検討をさせていただきました。

無線式遠隔通報型非常ボタンシステム(特定小電力無線)

http://www.anzentaisaku.com/enkakupb/index.htm


システム構成は以下の通りとなっております。

(トイレ内)
1.微弱無線送信機2台(男女1台づつ?)

微弱無線 10〜18m

2.遠隔送信機 
微弱無線受信機+特定小電力無線送信機
外部送信アンテナは屋外に設置


特定小電力無線 100〜300m


(事務棟)
3.受信機 
特定小電力無線受信機+回転灯
外部受信アンテナは屋外に設置します。


通信距離ですが、
通常ですと送信側〜受信機までの通信距離は
100〜300mほどとなっております。
450m離れますと、おそらく間に
無線中継機1台必要になると思われます。

公共施設での無線式の緊急連絡システムを考えております。建屋が異なりますがいいシステムはないでしょうか?

公共施設のトイレの警報システムを考えております。
何か良いアイデアがございましたら合わせてお知らせください。

○○○


緊急ボタンを設置する位置(トイレ)から、
連絡を受けるまでの距離(通信距離)で以下のようなシステムがございます。

押しボタン〜受信機までの距離100〜300m程度
無線式遠隔通報型非常ボタンシステム(長距離型)
http://www.anzentaisaku.com/enkakupb/index.htm

公園トイレ押しボタン非常警報システム
http://www.anzentaisaku.com/kouenyou-panicbz/index.htm

ただ、学校のような鉄筋コンクリート造りの建物ですと、
同一の建物内であっても、かなり電波が遮断されてしまい
通信距離が極端に短くなることがございます。

外部の別棟へ連絡する事になりますと、
屋外へ設置する外部送受信アンテナを使う方法もございます。
ただこちらの方法でも、途中に大きな建物がありますと通信が難しい場合がございます。


全く電波の届かない場合、携帯電話網を使って通報するシステムがございます。
携帯電話網を使った外部への押しボタン緊急通報システム

http://www.anzentaisaku.com/pbn1/index.htm

上記のような無線方式では通信できない場合にご利用いただけます。
携帯電話の通信エリア内でしたらどこでもご利用いただけますが、
発信用の携帯電話機をご用意いただく必要がございます。
※電話料金がかかることととなります。


※押しボタン〜受信機までの距離10〜20m程度
無線式異常点滅ボタンシステム(近距離型)
http://www.anzentaisaku.com/kanigatapbn/index.htm
同一建物の同フロアで使用する場合にご利用いただけます。
間に中継機を入れますと、通信距離が2倍程度に伸ばす事も可能です。
最新記事
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ