防犯セキュリティ、無線呼び出しシステム、接点監視装置、警報機、パトランプ、設備監視システムQ&A。商品比較と口コミ情報、評判

防犯セキュリティグッズ、ホームセキュリティ、防犯カメラ、パトランプ、警備、設備監視、自動通報器、特定小電力無線送信機、微弱無線送信機、無線警報機、工場での一人作業時の安全対策システム、通報機、警報機など安全対策商品の解説、商品の技術、口コミ情報。日本製の商品、システムに絞っています。無線呼び出しシステム、コールシステムのご紹介。ソーラー電源、太陽光電源の警報機、回転灯システム。評判。

落石

市販ビニルネットと傾斜センサーを使った落石発生警告装置の導入例。


感知機(センサー)の上下に強いワイヤーを巻き付けて縛ります。
上下のワイヤーを通して絡めながらネットを巻き付けます。
ビニルネットに小石や大きな岩が当たって感知機(杭型傾斜センサー)が傾くと、警報機が警報音を作動させます。



ネットの上下に感知機に縛り付けたワイヤーが絡まっています。ネットが引っ張られると感知機が傾くように設置してください。
ネットはホームセンターで販売されているビニルネットです。

斜面に打ち込む杭型の傾斜センサーを使った土砂崩れ警報装置
変状の恐れのある法面や斜面などの傾き変異を杭型の傾斜センサー感知機で監視します。
杭型傾斜センサー感知機が傾くと音とパトランプで警報を作動させ、周囲に避難を促します。
工事現場の他に、民家付近の危険な場所でもご利用いただけます。
警報機は内蔵電池で動きます。停電時でも監視を続けることができます。

斜面に打ち込む杭型の傾斜センサーを使った土砂崩れ警報装置の動画



導入簡単な土砂崩れ警報装置です。
杭型の傾斜センサー感知機が傾くと音とパトランプで警報を作動させ、周囲に避難を促します。
工事現場の他に、民家付近の危険な場所でもご利用いただけます。
警報機は内蔵電池で動きます。停電時でも監視を続けることができます。

危険のある斜面などにセンサー内蔵の杭を打ち込む作業で設置、移設を簡単に行う事ができます。
施行性に優れており、コスト削減と工期の短縮に貢献します。

https://www.anzentaisaku.com/dosyakuzure/index.htm

バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置を侵入者監視に使用できますか?

敷地内に張り巡らした電線ワイヤーが、不審者の足に引っかけて引っ張られたり断線したりすると警報装置が警報ブザーを鳴らします。
携帯電話への通報機能を付加することも可能です。

バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置

バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置が作動した後はどうなりますか?

センサーが感知して警報が作動すると警報機の中で予め設定された時間だけ警報ブザーとパトランプが作動します。時間が過ぎると自動停止します。
ワイヤーが元に戻り待機状態に戻った後、再度ワイヤーがひかれるか断線すると警報を発します。

バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置
ワイヤーが数儖かれたり断線すると警報音と回転灯が作動、周囲に警告を発します。
警告音、回転灯ともセンサー内蔵の充電式バッテリで駆動します。
現地で問題になる、電源配線工事の心配がありません。
電気の引かれていない山間地などでもご利用いただけます。


バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置のブザーと回転灯の駆動時間の調整方法

バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置の警報音と回転灯の作動時間は、
コントローラー内部のつまみで10秒〜10分の間で調節できます。
設定は以下の2段階で調節できます。


1.始動タイマー(誤作動防止対策)
センサーが作動した後に警報が作動するまでの時間1秒〜10秒で調整可能。
※例 設定3秒間−連続して3秒間ワイヤーがひかれた状態でないと警報ブザーが作動しません。

2.鳴動時間タイマー
警報ブザーが作動後に自動停止するまでの時間10秒〜10分で調節可能。


バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置

バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置のバッテリの充電方法は?

バッテリの充電方法は2通りございます。

バッテリを外さずに充電する方法
1.警報機を現場より持ち帰ります。警報機の蓋を開けてください。
2.バッテリにコネクターが付いていますので、付属の充電機のコネクタを接続してください。
3.充電機にAC100V電源を接続し、充電機の電源をオンにしてください。


バッテリだけを警報機から外して充電する方法
1.警報機の蓋を開けてください。
2.バッテリの+と−のコネクタを外し、バッテリ固定用のネジを外してバッテリを警報機から取り外してください。
3.事務所などAC100V電源のある場所で付属充電器を使ってバッテリを充電してください。
  ※予備のバッテリをご用意することもできます。




バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置
落石や崖崩れで崖や法面に張り巡らした電線ワイヤーが数儖かれたり断線するとこれを感知し
100デシベルの警報音と回転灯を作動させて警告を発します。
警報機内部の充電式バッテリで駆動しますので現地でのたいへんな電源工事の心配がありません。

電線ワイヤーを獣(鹿か猪)に食いちぎられました。ワイヤー単品で数本購入は可能ですか?バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置

可能です。長さ10mワイヤー単品での追加のご注文も承っております。



バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置
落石や崖崩れで崖や法面に張り巡らした電線ワイヤーが数儖かれたり断線するとこれを感知し
100デシベルの警報音と回転灯を作動させて警告を発します。
警報機内部の充電式バッテリで駆動しますので現地でのたいへんな電源工事の心配がありません。

バッテリだけを警報機から外して充電できますか?バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置

1.警報機の前蓋を開けてください。フックを外すと開きます。
2.電源端子+と−を外し、バッテリ固定用のビスをドライバーで外してバッテリを警報機から取り出してください。
3.事務所などAC100V電源のあるところで付属の充電機で受電してください。

予備のバッテリを1つ所持して、交換しながら御利用いただいてもOKです。



バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置
落石や崖崩れで崖や法面に張り巡らした電線ワイヤーが数儖かれたり断線するとこれを感知し
100デシベルの警報音と回転灯を作動させて警告を発します。
警報機内部の充電式バッテリで駆動しますので現地でのたいへんな電源工事の心配がありません。

100m先までワイヤーを張ろうと思っていますが、追加で何本ワイヤーを購入すればいいですが?バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置

100m先までワイヤーをはる場合、
最低で合計200m分の長さのワイヤーが必要な計算となります。
電線ワイヤーは10mですので、合計20本のワイヤーが必要になる計算となります。


バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置
落石や崖崩れで崖や法面に張り巡らした電線ワイヤーが数儖かれたり断線するとこれを感知し
100デシベルの警報音と回転灯を作動させて警告を発します。
警報機内部の充電式バッテリで駆動しますので現地でのたいへんな電源工事の心配がありません。

建物の裏側の崖や急斜面の落石の監視。ワイヤーセンサー。

建物の裏側の崖の落石の監視。
ワイヤーセンサーが落石を感知すると警報ブザーや回転灯を回して周囲に知らせます。


バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置


電池式ワイヤーセンサー
最新記事
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ