防犯セキュリティ、無線呼び出しシステム、接点監視装置、警報機、パトランプ、設備監視システムQ&A。商品比較と口コミ情報、評判

防犯セキュリティグッズ、ホームセキュリティ、防犯カメラ、パトランプ、警備、設備監視、自動通報器、特定小電力無線送信機、微弱無線送信機、無線警報機、工場での一人作業時の安全対策システム、通報機、警報機など安全対策商品の解説、商品の技術、口コミ情報。日本製の商品、システムに絞っています。無線呼び出しシステム、コールシステムのご紹介。ソーラー電源、太陽光電源の警報機、回転灯システム。評判。

孤独死

センサーから一人暮らし高齢者安否確認通報機までの電波通信状況のチエック方法は?

トイレのドアに設置する安否確認センサーから発信される電波が、 安否確認システム通報機まで確実に届いているかを通報装置表面の緑LEDの点滅で確認できます。

安否確認センサーに付属の磁石をくっつけて、 数秒してから磁石を離します。 センサーが感知状態となり、安否システム通報機へ向けて電波が送信されます。 電波が通報機に届くとの通報装置表面の緑色LEDが点滅します。

https://www.anzentaisaku.com/anpikakunin/faq/21.htm
一人暮らし高齢者安否確認システム
ご高齢者のご自宅でトイレなどに設置したドアセンサーなどの安否確認センサーから1度も安否確認信号が送られてこなかった場合にご家庭に既設の固定電話回線を使ってご家族の方の携帯電話やスマートホンへ自動的に緊急警告音声アナウンスを流します。

停電後、電気が復旧したときのモードはどのようになるでしょうか?一人暮らし高齢者安否確認システム

弊社の安否確認システムは、停電後に電気が復旧したときは停電前のモードで再び再起動します。

停電前 安否確認モード中(在宅モード)

停電発生、通報機の電源が止まります。

停電復旧 通報機に電源が供給され始めます。

安否確認モード中(在宅モード)で通報機は再起動します。


https://www.anzentaisaku.com/anpikakunin/faq/17.htm

一人暮らし高齢者安否確認システム
ご高齢者のご自宅でトイレなどに設置したドアセンサーなどの安否確認センサーから1度も安否確認信号が送られてこなかった場合にご家庭に既設の固定電話回線を使ってご家族の方の携帯電話やスマートホンへ自動的に緊急警告音声アナウンスを流します。

センサーから一人暮らし高齢者安否確認電話通報機までの無線通信距離は?

センサーから通報機までの電波の通信距離ですが、 一般的な木造住宅で10から18m前後となっております。 センサーから通報機の間に大きな家具や壁があったり、 建物構造が鉄筋コンクリート作り、もしくは鉄骨作りの場合は通信距離が短くなる事があります。


https://www.anzentaisaku.com/anpikakunin/faq/15.htm

一人暮らし高齢者安否確認システム
ご高齢者のご自宅でトイレなどに設置したドアセンサーなどの安否確認センサーから1度も安否確認信号が送られてこなかった場合にご家庭に既設の固定電話回線を使ってご家族の方の携帯電話やスマートホンへ自動的に緊急警告音声アナウンスを流します。

一人暮らし高齢者安否確認システムは簡単に取り付けられますか?

安否確認システム機器の取付は簡単です。ドアセンサーは両面テープ、人感センサーは付属ネジで簡単に取付できます。

通報装置は壁に付属ネジ止めする固定方法になります。
通報機と電話線との接続も説明書を見ていただけば短時間で接続できます。


https://www.anzentaisaku.com/anpikakunin/faq/13.htm

高齢者安否確認システムから緊急電話がかかってきません。何が原因でしょうか?

電話回線はインターネットを使わないアナログの電話回線です。何が原因でしょうか?

-------------------------------

緊急通報機の設定の、プッシュ回線/ダイヤル回線、の設定をダイヤル回線の設定でお試しください。

通報装置を繋ぐ電話回線の種別が間違っていますと、緊急通報をする事ができなくなります。
インターネットを使っていらっしゃらないとの事ですので。
電話回線の種別がダイヤル回線の可能性がございます。

プッシュ回線とダイヤル回線は外観に違いはありませんので、
電話会社で確認するしかございません。

製品は出荷時はプッシュ回線に設定されています。


買取式一人暮らし高齢者安否確認システム
高齢者のご自宅の中に人感センサーを取り付けます。在宅中にも関わらず長時間に渡って人感センサーが人の動きを検知できない時、
ご家族の携帯電話などに自動的に異常事態発生を知らせるアナウンスを流します。取付簡単。センサーは複数個ご利用いただけます。


買い取り式一人暮らし高齢者安否確認システムの設定の手順

以下のような順番、動作確認を行ってください。

1.緊急通報装置、人感センサーの電源を入れてください。
 
2.人感センサー 〜 緊急通報装置での電波通信チエックをしてください。
人感センサーを取り付ける位置から緊急通報機まで、電波が届くかを確認してください。実際にセンサーを取り付ける前に仮止めをしながら確認してください。
センサーは緊急通報装置を中心に半径10m前後の範囲内でご利用可能です。
※通信可能距離は建物の間取りや材質によって変わります。

3.緊急通報装置に接続する電話回線の種類を設定します。

4.緊急通報装置に緊急連絡先の電話番号を登録してください。

5.緊急通報装置をご家庭の電話回線に接続してください。

6.安否確認タイマーを30分に設定して安否確認の緊急電話がかかってくる   かどうかを確認します。

7.緊急通報の電話がかかってくるのを確認できたら、安否確認用タイマーをご希望の時間に変更してください。

8.人感センサー、緊急通報装置を壁面に固定してください。


月々の管理費不要一人暮らし高齢者安否確認システム
在宅中にも関わらず長時間に渡って住宅内に設置した人感センサーが一度も人の動きを検知できない時に、体調不良で倒れているのではないかと機械が判断、ご家庭の電話回線を使ってご家族の方の携帯電話などへ自動的に警告アナウンスを流します。

人感センサーを使用していますが留守中に勝手に安否確認モードになってしまいます。

安否確認システムで人感センサーを使用していますが、
帰宅すると留守中に人感センサーの反応して、不竿モードから在宅モード(安否モー)に通報装置のモードが変わっていること時々あります。原因は何が考えられるでしょうか?


------------------------

人感センサー(赤外線センサー)の素子は事務所や店舗の監視に使用するセンサーを使用しています。室内の空気の温度と異なる温度をもつものがセンサーの前を横切ると反応する仕組みです。警備会社などの防犯センサーで使用実績の多いセンサーです。


人感センサーが人以外のもので誤反応をおこす事例で一番多いのは小動物による感知と室内の空気の吹き込みですが、
以下のようなものがあります。

1.エアコンの切り忘れ(エアコンのサーモスタットで、温風、冷風が出たり止まったりする)
2.換気扇。季節によって室内に暖かい空気、冷たい空気が流れ込んでくる。特に風の強い時は要注意です。
3.FAX(モーションセンサーの感知エリア内のファックスが受信して暖かい紙が出てくる)
4.小動物(猫、ネズミなど)
5.窓やと扉から外気が吹き込んでくる。上の換気扇と同じく季節によって室内に暖かい空気、冷たい空気が流れ込んでくる。




月々の経費不要!簡単設置!一人暮らし老人安否確認システム

高齢者安否確認システムに定時電話通報機能を追加できますか?

一人暮らし高齢者安否確認通報機に安否異常通報以外に通報機や電話回線が正常な事を報せる定時通報機能を追加できますか?


(以下 商品へのご質問への回答)


定時電話通報機能
通報機や電話回線が正常な事を一定時間毎に電話で報せる機能。
決められた時間に電話連絡(ワンギリ)が無い時は、通報機の電源が切れている、電話回線が止まっているなどの原因が考えられます。


定時電話通報を追加することができます。
通常の安否確認タイマーによる安否確認緊急通報も行われます。


定時電話連絡の電話通報先は1カ所となっております。
通報方法はワンギリとなります。定時通報はアナウンスは流れません。
(携帯電話で受ける場合は2コールになる場合があります。)

定時の設定方法は以下の通りです。

1.月間隔を基本に設定する方法。
1ヶ月間隔、2ヶ月間隔、3ヶ月間隔、4ヶ月間隔、6ヶ月間隔、12ヶ月間隔。
上の間隔の設定を前提で、日付、時間、分を設定します。

設定例
1ヶ月間隔、毎月1日の8時30分。



2.日の間隔で定時通報をする方法。
日の間隔の設定幅 1日〜99日間。
上の通報間隔の設定を前提で、
日付、時間、分
を設定します。

設定例
定時通報を設定した日から7日間隔で8時30分にワンギリ通報。


※通報機の電源を切ると定時のタイマー、安否確認のタイマーともリセットされ、電源を入れると再スタートします。




月々の経費不要!簡単設置!一人暮らし老人安否確認システム

一人暮らし安否確認システムと防水型非常ボタンはそれぞれ1個ではおいくらになりますか?

安否確認システム基本セットと風呂場で使える防水型非常ボタンはそれぞれ1個ではおいくらになりますか?


○○○

安否確認システムのお問い合わせをいただきまして


新型の簡易型一人暮らし安否確認システムをおすすめいたします。
安否確認のonoffボタンを警報機本体の表面に取り付けて
コストを押さえた新タイプです。


1.安否確認モード切替スイッチ付き安否確認システム警報機本体
  電話通報機能内蔵

2.安否確認センサー1個(電池式)

以上の基本セットで52000円(消費税、配送料別)
となっております。
※2010年10月14日現在


追加オプションの非常ボタンの価格は以下のとおりです。
非常ボタン防水型(電池式)11000円
消費税は別となっております。


詳しくは以下のホームページをご参考にしていただければと存じます。
http://www.anzentaisaku.com/anpikakunin/index.htm
最新記事
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ