防犯セキュリティ、無線呼び出しシステム、接点監視装置、警報機、パトランプ、設備監視システムQ&A。商品比較と口コミ情報、評判

防犯セキュリティグッズ、ホームセキュリティ、防犯カメラ、パトランプ、警備、設備監視、自動通報器、特定小電力無線送信機、微弱無線送信機、無線警報機、工場での一人作業時の安全対策システム、通報機、警報機など安全対策商品の解説、商品の技術、口コミ情報。日本製の商品、システムに絞っています。無線呼び出しシステム、コールシステムのご紹介。ソーラー電源、太陽光電源の警報機、回転灯システム。評判。

呼出し

騒音の酷い工場で事務所から作業員を呼び出せる商品はないですか?

1000平米ほどの広さの工場内で数名の作業員が仕事をしていますが、
地震や火災などの災害が起きたときに作業員を呼び出す装置の導入を検討しています。
ただし、構内では騒音が酷く、パトランプ等では気づかない可能性があります。

回答

双方向シルウオッチをおすすめします。
作業員が装着する腕時計型送受信機を振動させて直接呼び出すシステムです。

数名の作業員しかいない騒音の酷い工場内で災害時に事務所から作業員を呼び出す商品はありませんか?地震などが起きた際に作業員に連絡できる方法を検討しています。

双方向シルウオッチの電波の届く範囲はどのぐらいでしょうか?

送受信機と腕時計送受信機が違いに目視出来るような環境でしたら最長200mまで電波が届きます。

ただし、途中に壁や部屋、商品棚や大型機械があったりすると、電波の届く距離は短くなります。
特に鉄筋コンクリート造り、鉄鋼造りのような堅牢な建物で、間に壁があるとかなり電波は通りにくくなります。


またシルウォッチは中継機を利用することができます。
中継機を廊下や通路などに設置して、遠くまで繋がった空間を利用しながら障害物を迂回して電波を遠くまで流してやることもできます。



双方向シルウォッチ
無線送受信機の押しボタン、もしくは各種警報盤やセンサーの接点信号(無電圧a接点)が送受信機に入力されると、
電波でシルウオッチ腕時計を振動させて呼び出します。
さらに携帯する腕時計送受信機間の通信機能も利用出来ます。
最新記事
Categories
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ