高性能ジャイロセンサー(傾斜センサー)の小型携帯発信器は作業員が倒れて動きがなくなったとき、
緊急事態発生と判断して約100m以上離れた場所の警報表示盤まで緊急自動通報を行います。
利用エリアを広げる中継機もご利用いただけます。





(例)
倒れた事を検知するタイマー設定 → 30秒間に設定。
警報遅延タイマー設定 →10秒間。警報遅延タイマー有りの設定。

携帯発信機を60度以上倒した状態を継続します。

30秒後、ピッツピッツピッツ...と警告音が鳴り始めます。

さらに10秒後、ピュー、ピュー、ピュー、という音に変わり、
警報表示盤に向けて無線で緊急通報を行います。


携帯式ジャイロセンサー装着一人作業緊急無線連絡装置