施設内での社員の呼び出しに検討をしております。
内容のご説明をいただきたいのですが、よろしいでしょうか?

○○○

はじめまして。
構内用ポケットベルのお問い合わせをいただきまして
本当にありがとうございます。
安全対策.com担当の中田と申します。

移動する職員の方を呼び出すシステムと致しまして
現在2つのシステムがございます。

構内用 無線呼出ポケットベル(長距離呼び出し型)
https://www.anzentaisaku.com/pocketbell3/index.htm

携帯型無線呼び出しシステムシルウォッチType2
https://www.anzentaisaku.com/watch/index.htm


構内用ポケットベルのご注意点ですが、
システムの中に中継器の無いため、
1.送信機と受信機の間に階差がある場合
2.部屋や壁を複数挟む場合
3.建物構造が鉄骨造りや鉄筋コンクリート造りの場合
などに極端に通信距離が短くなることです。
特に鉄筋コンクリート造りの場合、
1階から上階への吹き抜けエリア(階段室など)をうまく利用しないと
階差がある場合にかなり厳しい部分がございます。


シルウォッチType2
https://www.anzentaisaku.com/watch/index.htm
シルウォッチType2ですと、
階段室や廊下、共用部などのスペースに複数台中継器を配置することで
通信距離をかなり延長することが可能です。
中継器の台数に制限はございません。
※こちらの方がおすすめかもしれません。

よろしくご検討をお願い申し上げます。



https://www.anzentaisaku.com/1-pocketbell/index.htm"target="_top">

押しボタン式構内用無線呼出ポケットベル(長距離呼び出し型)1回線用

https://www.anzentaisaku.com/pocketbell3/index.htm"target="_top">

押しボタン式構内用無線呼出ポケットベル(長距離呼び出し型)4回線用

https://www.anzentaisaku.com/pocketbell2/index.htm"target="_top">

異常を報せる接点作動型、近距離用無線呼出ポケットベル



無線呼び出しシステム、ワイヤレスコールシステム