電池式落石地滑り感知センサー
ワイヤーが数儖かれたり断線すると警報音と回転灯を作動します。
地滑り、落石などが気になる場所に、警報機を1台、または複数台を設置して、
上下2本のナイロンコーティングした電線を接続し、張り巡らします。
電線が引っ張られたり、電線を切断したりすることで警報が作動します。



警告音、回転灯とも充電式内蔵バッテリで駆動します。
現地で問題になる、電源配線工事の心配がありません。



センサーが感知すると、警報音(100db)を発しながら回転灯が作動します。




専用充電器
センサー内部のバッテリの充電に使います。
センサー内蔵のバッテリを定期的に充電します。

警報音と回転灯の作動時間は、内部タイマーで10秒〜10分まで調節できます。
ワイヤーが引かれてから警報が作動するまでのディレータイムと、
警報が作動してから停止するまでの時間の長短を設定できるようになっております。


電池式落石地滑り感知センサー