操作ボックスは、事前にメッセージを登録しておき、
ボタンを押すだけの受信機を呼出できる機器です。


サイズ:約20僉焚)×12僉塀帖法滷鍬僉文)

操作ボックスには1台の押しボタン送信機を接続して使用します。
※操作ボックスは電池稼動で持ち運びもできます。


携帯型光受信器


腕時計型受信器


複数個のシルウオッチ(携帯受信機)を事前に登録しておき、ボタン1つで個別に呼び出すことができます。
ボタンを押すだけの簡単操作。今お使いのパソコンと操作ボックスをRS-232Cケーブル(市販品)で接続し、
操作ボックス登録用ソフトを使って送信する相手や文字の内容を10種類まで登録できます。


ボタンは10個。それぞれ個別の受信機とメッセージを登録して呼び出すことができます。
1つの呼出ボタンには、複数の受信機を登録することも可能です。

1番のボタン→受信機1だけ呼び出し。
2番のボタン→受信機1と受信機2の2つを呼びだし。
といった、グループ運用も可能です。


複数のメッセージの中から1つのメッセージを選んで一斉配信ができます。
複数のメッセージを操作ボックスに予め登録し、ボタン一つで10通りのメッセージを全ての受信機に一斉配信することもできます。


係員の誘導(スポーツ施設、各種ホールなど) や担当者の呼び出しなど、構内でのポケットベルに近い運用が可能になります。







携帯型無線呼び出しシステムシルウォッチType2のお問い合わせはこちら