ホームセキュリティで使われる赤外線センサー


現在、最も広く利用されているセンサーの一つとしては、
赤外線センサー(受動型)がある。
これは廊下の天井などに設置し、下を温かいもの(赤外線を出すもの)が通過したら、センサーが反応するもので、侵入者の体温を感知しようとしたのである。このセンサーは人間の体温という隠しようのないものを感知することで他のセンサーの盲点をカバーできるため、機械警備の信頼性を向上させるために大いに役立った。




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』機械警備





一般に赤外線センサーが誤作動をおこす場合は、
以下のような原因が上げられます。

窓からの風の吹き込み、カーテンの揺れ、観葉植物の葉っぱの揺れ。
エアコンの切り忘れなどによる室内の温度変化。
小動物が感知。(猫、犬、ネズミなども)
センサーのレンズの汚れ。
センサーが直射日光にさらされる場所に置かれ、熱っせられた場合。
(昼間-休日、外出時の警戒状態)
ほか。

小動物がいる場合は、
赤外線の飛ぶ方向を少し上に向けて対応することも可能です。





ホームセキュリティBBee-Dセットへの質問とご要望はこちら!




ホームセキュリティBBee-Cタイプへの質問とご要望はこちら!



防犯グッズとホームセキュリティの導入事例を紹介する安全対策.com


防犯のヒントと体験談、ホームセキュリティ-セキュリティ情報com