携帯電話通報器オンコール090

携帯電話機を用いた通報、制御装置です

携帯電話による外部への自動通報機能
着信制御モード−外部から電話をかけることによる設備のON/OFF制御機能

本体に標準装備のケーブルコネクタによって携帯電話機を接続して使用します-
携帯電話による外部への自動通報機能


簡単に入力が接続できる無電圧接点入力を2チャンネル装備しています。
接点入力が入ると、オンコール装着の携帯電話機内に予め番号登録してある相手先電話機への自動通報します。
(通報先最大3箇所−固定電話、携帯電話)
フレキシブルa、b 接点入力 (A接点:ノーマルオープン接点、B接点:ノーマルクローズ接点)

本入力は入力に変化があったときに検出します。(通常は0.1秒以上変化があった場合)無電圧a接点(ノーマルオープン接点)入力か、b接点(ノーマルクローズ接点)入力かは携帯電話を接続しBUSYの点滅が終わった時点の入力状態を初期値として判別し、その状態から変化があった場合に信号が入力されたものと判断します。
(警報など外部機器からの接点情報を検出した)

受話器をとると入力1が変化した場合
「一次警報が発生しました」、
入力2が変化した場合
「二次警報が発生しました」
と音声で確認できます。




携帯電話による停電通報機能

本機の電池ケーブルに6LR61電池(角型9V電池)を接続することで停電時通報機能、一時的な動作補償を行います。
また、停電、バッテリの電圧低下を携帯電話を使って自動通報します。

通報機能内容
オンコール090-AC100Vタイプ
1)停電が発生した場合 「停電が発生しました」と通報
2)停電より復帰した場合 「停電が復帰しました」と通報

オンコール090-DC12Vタイプ
1)電源が低下した場合(約11V以下になった場合) 「電源が低下しました」と通報
2)停電が発生した場合(約10V以下になった場合) 「停電が発生しました」と通報
3)停電、電源低下より復帰した場合 「停電が復帰しました」と通報
※注1)通報の遅れについて
電源異常検出は5秒〜10秒ごとに行っていますので異常が発生しても通報に少し時間がかかります。



携帯電話通報器オンコール090の詳しい説明はこちら。




防犯グッズや防犯対策のヒントと体験談が満載-セキュリティ情報com

防犯グッズとホームセキュリティの導入事例を紹介する安全対策.com