バッテリの充電方法は2通りございます。

バッテリを外さずに充電する方法
1.警報機を現場より持ち帰ります。警報機の蓋を開けてください。
2.バッテリにコネクターが付いていますので、付属の充電機のコネクタを接続してください。
3.充電機にAC100V電源を接続し、充電機の電源をオンにしてください。


バッテリだけを警報機から外して充電する方法
1.警報機の蓋を開けてください。
2.バッテリの+と−のコネクタを外し、バッテリ固定用のネジを外してバッテリを警報機から取り外してください。
3.事務所などAC100V電源のある場所で付属充電器を使ってバッテリを充電してください。
  ※予備のバッテリをご用意することもできます。




バッテリ式土砂崩れ地滑り警報装置
落石や崖崩れで崖や法面に張り巡らした電線ワイヤーが数儖かれたり断線するとこれを感知し
100デシベルの警報音と回転灯を作動させて警告を発します。
警報機内部の充電式バッテリで駆動しますので現地でのたいへんな電源工事の心配がありません。