隣家との境の壁にあるいくつかの窓について、
屋外用赤外線センサー、もしくはセンサーライトで防犯対策を考えています。
隣家と自宅の壁の距離がほとんどないために、よほど気をつけて設置しないと、
隣の家の人が自分の敷地を歩いたら、センサーに懸ってしまいます。

こちら側(私の家)の窓からの侵入者だけに防犯センサーを効かせたいわけです。


屋外用赤外線センサーは、隣家側にはどのぐらいまで反応するのでしょうか?

○○○


もし家と家の感覚が狭いと、
お隣の敷地の方も感知してしまう可能性がございます。

屋外用赤外線センサーは、左右15度ほど広がり、最大6m先まで届きます。





さらに、センサーライトは左右上下に、赤外線の感知エリアは大きく広がっています。
隣家との感覚を見てご検討をいただければと存じます。






もし、どうしても赤外線がお隣の敷地まで広がるようでしたら
窓への開閉センサーがおすすめです。
※窓の開け閉めで監視します。




磁気センサースイッチを無線信号発信器機を内蔵した超小型検知ユニット。
扉や窓の開閉を検知し、本体に信号を発信します



おすすめ買取式充実防犯システム!


BBeeホームセキュリティ

一戸建て住宅、マンション、アパートの防犯、空き巣対策。BBeeホームセキュリティ、月々の管理費用の要らない本格派防犯システム





警戒中に扉や窓が開けられると警報を発します!