接点作動型の特定小電力無線送信機、特定小電力無線受信機とも、
短時間のご利用でしたら
単3電池6本を使った電池パックで駆動する仕様の製作が可能です。
電池は市販の充電式単3電池6本でokです。




接点作動型特定小電力無線送信機
接点信号(無電圧a接点)が入ると遠隔受信機へ無線通報します。




遠隔受信機
送信機から無線指示で、接点信号(無電圧a接点)を出力します。


電池の大まかな保ち時間の目安は以下の通りとなっております。
送信機 10秒間程度の発報が1日に2、3回 → 電池の保ち約1週間前後
受信機 待機状態の連続(発報しない状態の連続)→電池の保ち約24時間前後
※短時間での電池の充電をおすすめいたします



接点入力型無線自動通報システム(特定小電力無線)

各種設備からの接点信号を受けて、無線で離れた場所に異常を報せます。
長距離型無線呼び出しシステムです。
-特定小電力無線-