NTTドコモグループの営業最終日である2007年3月末時点では、無線呼び出しの契約数は163,227契約となった。
前年同期比63.7%の減で、事業撤退に向け、前述の2006年10月に解約料を無料にしたことが考えられる。

2008年10月以降日本国内においてこの事業を行なう業者は東京テレメッセージおよび沖縄テレメッセージのみとなり、そのサービスエリアも首都圏1都3県および沖縄本島の各一部のみである。
現在では前記地域の、医師や看護師など、職業上、携帯電話を使えない一部の人が持っているのみとなっている。

ウイキペディア


新システム-ポケットベルに替わる商品

ポケットベル
携帯型無線呼び出しシステム シルウォッチType2

電波で、腕時計型受信器および携帯型光受信器を振動・文字・光で呼出します。各施設・事業所・工場などでの緊急連絡、呼出、生産ラインの管理など 通信機器として様々なニーズにご提供できます。





携帯型光受信器への呼出


受信器に表示する文字は、アルファベット、カタカナ、数字の組み合わせで
5文字ずつ反転、10文字表示ができます。

ポケットベル
送信機

受信器のID設定により、複数の受信器の一斉呼出や個別呼出、
グループ呼出といったシステム構成が可能です。
例 送信機1→受信器複数個。送信機複数個→受信器複数個。


騒音が激しく、機器の信号音が聞こえない場所で。
静寂を必要とする場所での呼出しに。
難聴者や聴覚障害者の働く現場での連絡に。
娯楽施設や公共施設、映画館、劇場、図書館、美術館や博物館など。

電話の呼出音や独自の館内呼出システムの音で、お客様の視聴を妨げることがなくなります。 監視員への情報通知-来場者に気付かれずに、警報を監視員に通知できます。 電話の呼出音や独自の館内呼出システムの音で、館内の静寂を壊すことがなくなります。
また、館内の図書館員への館内通知システムとしても利用できます。



ポケットベル
中継器
送信機から発信された信号をキャッチすると、約3秒後に受け取った信号を受信器や別の中継器に発信します。



シルウォッチType2は接点信号によって自動的に受信機を呼び出すことができます。
シルウオッチの送信機は、無電圧a接点入力用のリード線を追加することができます。 機械信号などを受けて、自動的に腕時計型受信器および携帯型光受信器を呼び出すことができます。



ポケットベル
携帯型無線呼び出しシステム シルウォッチType2




ポケットベル
ポケットベルシステムと機能